コラーゲンドリンク 美肌

ページトップボタン

お肌のハリが気になるならコラーゲンドリンク!

鏡を見てシワやたるみが気になり始めているならお肌の老化が進行しているかもしれません。シワやたるみはコラーゲンが不足している証拠なので早めにコラーゲンを補充してあげたいところですが、食事から摂取しようとしてもなかなか難しいものがあります。コラーゲンドリンクなら豊富なコラーゲンがギュッと濃縮されていて更にお肌に嬉しい美容成分も一緒に配合されているから美肌を目指すにはもはや必需品ともいえるのではないでしょうか。芸能人やモデルさんでも愛用している方もいるので、気休めではなくしっかり続ける事で実感していけると思います。
今流行のコラーゲンドリンクが知りたい方はこちらへ→人気のコラーゲンドリンク

 

コラーゲンのお肌での働き

お肌は3層構造になっていて外側から表皮、真皮、皮下組織となっています。このうちコラーゲンは真皮に存在していて細胞同士を繋ぎ支える働きをすることでお肌のハリを保っています。紫外線や活性酸素によってコラーゲンが変質してしまうと本来のコラーゲンの働きが出来ず、細胞を支えられなくなってしまうためお肌の土台が崩れシワやたるみの原因になります。

 

 

コラーゲンが体内で作られる?

コラーゲンはお肌の真皮で働いていますが、同じく真皮で生産もされています。線維芽細胞という組織が土台を形作るコラーゲン、自身が保水することでお肌の保湿を担当するヒアルロン酸、弾力性を持つエラスチンの3種類を生産しています。この線維芽細胞の働きが紫外線や加齢によって弱まると3種の生産量が落ちお肌の老化現象が起こるようになってきます。お肌のコラーゲンを増やす目的として線維芽細胞を活性化させるという方法もあります。

 

 

コラーゲンの違い

コラーゲンは原料によって動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンに分かれます。コラーゲンはたんぱく質で出来ていて、たんぱく質はアミノ酸で出来ています。このアミノ酸の量で比較してみても動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンに差はほとんどありませんが、ヒドロキシプロリンという成分が豚コラーゲンに多く含まれています。このヒドロキシプロリンが体内でのコラーゲン生産を促進してくれるのではないかと研究が進められています。

 

動物性コラーゲンは馬・豚・鳥を原料としたコラーゲンで以前は牛も利用されていましたが狂牛病問題が出てから安全性が疑問視されるようになり、利用されなくなっていきました。低コストで大量に抽出出来るので商品の価格も控え目なものが多いです。分子量が大きく吸収があまり良くなくコラーゲン以外の混ざりものが多いため、純度を上げようとすると動物臭さが際立つようになってしまうのが難点です。

 

海洋性コラーゲンは魚のうろこ・骨・皮から抽出したコラーゲンです。以前はこの抽出に手間がかかったため動物性コラーゲンに比べて価格も高めでしたが、最近ではそれほど差はなくなってきたようです。分子量が動物性コラーゲンに比べて小さいため吸収は多少良いですが、後述している「ペプチド化」されたものを利用するのであれば動物性と海洋性は大差なく吸収されるようになります。

 

 

ペプチドって何?

コラーゲンドリンクの成分欄でよく見かけるのが「コラーゲンペプチド」という表記です。コラーゲンが抽出された時点では分子量が大きく体内に吸収されにくい状態です。食事からコラーゲンを摂取しにくいのもこの分子量の大きさが原因の一つです。この分子量を人工的に小さくすることで腸での吸収をスムーズにしようとしたものが「コラーゲンペプチド」です。通常であればコラーゲンはアミノ酸に分解されてから吸収され体内でコラーゲンに再合成されてお肌に利用されます。しかしコラーゲンペプチドならアミノ酸に分解されることなくそのまま吸収されるため、分解や再合成の手間がなくそのままお肌に利用されます。